酒気帯び運転防止アルコールを消す薬

2006年11月22日

酒気帯び運転防止アルコールを消す薬

水を大量に飲んでも、効き目はほとんど無い。

アルコールを消す薬
酒気帯び運転は、アルコール濃度0.25ミリグラム/リットルが基準。
これを超えると酒気帯び運転と認定される。
警察の測定方法は、風船をふくらませて検知管内の試薬の色で
アルコール濃度を測定している。
酒気帯び運転と認定されれば「3月以下の懲役又は5万円以下の罰金」
という刑罰が待っていて行政処分の違反点数は8点と非常に大きい。

アルコールを消す薬には「臭い消し系」と「アルコール分解系」の2種類がある。
薬品会社で色々ドリンク剤が売られているようだ。
「気になるゴリラ」(250円) ロート製薬が一番効くようだ。
但し、体調によって効き目が違うようなので注意する事。

飲酒運転は犯罪です。完全に酒が抜けるまで運転しては駄目ですよ。
【お役立ちグッズの最新記事】
posted by ケンコウ | TrackBack(0) | お役立ちグッズ
edit  re

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。