鏡文字を簡単に書く方法

2011年07月22日

鏡文字
鏡に映し出されたような左右が逆に書かれた文字「鏡文字」を普通に書くのはとても難しいことです。
普段書き慣れている文字を左右逆で書くには、器用さと練習が必要です。

しかし、この鏡文字を簡単に書くコツがあります。
方法は簡単です。

まず紙を頭の上に立てて持ちます。
この時、書く側を前に向けます。
そのまま、頭の上の紙にペンで文字を書きます。

少々書きづらくもありますが、これで普通に文字を書けば、書いた文字は鏡文字になります。
posted by ケンコウ | 普段から使える日常の裏技
edit  re

汚い字をキレイに見せる方法!

きれいな字を書く方法
字は人の性格を表すといいますが、どうしてもキレイに字を書かなくてはならないときってありますよね。

そんなときに使える、普段の字が汚くても、応急処置として、キレイな字に見せられる方法です。

方法は簡単で、漢字を大きく書き、ひらがな・カタカナは、漢字に比べ少し小さく書くのです。これだけで、字のバランスがよくなり、一見、キレイに見えます。

これは習字などでは常識なのですが、普段、ボールペンやサインペンなどで書くときには忘れがちなので、普段から心がけておきましょう。
posted by ケンコウ | 普段から使える日常の裏技
edit  re
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。